メイン | 関西人向け »

Suicaとの違いは

PiTaPaは、JR東日本の「Suica」と比較されることが多いです。

両者には、どのような違いがあるのでしょうか。

「Suica」は、プリベイト方式の前払い(Suicaオートチャージ)が必要なのに対し、「PiTaPa」は、ポストペイ方式の後払いです。

そのため、乗り越し精算や残額が減ったからチャージするといった手間が省けて便利な一方で、使い過ぎてしまって請求書を見てビックリということが起こりがちです。

PiTaPaは、しっかりと利用額を把握しながら使う必要があります。

また、利用手続きの手間にも違いがあります。

「PiTaPaカード(クレジットカード)」を作ろうとすれば、新たに申請書を郵送して、審査される間の2週間ほどの期間が必要です。

また、PiTaPaは提携カードの多さがユニークだと言われています。

「PiTaPa提携カード」は、スルッと KANSAI協議会加盟の交通機関等が提携して発行するカードのことです。

PiTaPaの機能はもちろん、クレジットカードやポイントカードなど、様々な機能や特典が味わえるカードです。

京阪グループの「e-knet PiTaPa(イー・ケネット ピタパ)」や大阪市交通局協会の「OSAKA PiTaPa」など、数種類のカードが発行されています。

利用額に対して、ポイントサービスを受けることができるカードもあります。

About

2009年08月27日 12:07に投稿されたエントリーのページです。

次の投稿は「関西人向け」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.37